おうちでフレイル予防

Digital Flail

「フレイル(心身の活力低下)」とは、加齢に伴い、虚弱な状態や心身の活力の低下があり、「健康」と「要支援、要介護」の中間的な段階のこと。
健康に長生きするには、この「フレイル」を予防することが大切です。
そして、堺市では、この予防のための取組みとして、「あるく(身体活動)」「しゃべる(社会参加)」「たべる(食生活・口腔機能)」の3つの「あ・し・た」をうまく循環させることを推進しています。
このウェブサイトでは、堺市で始まるパソコンやスマホを使って、ご自宅や様々な場所からこのフレイルを予防する、介護予防教室「デジタルフレイル予防」の取組みについてご紹介します。

健康づくり情報

healthy

堺市を中心としたフレイル予防に役立つ様々な情報をお届けします。
教室に参加されいている方も、教室開催日以外のフレイル予防の取組みのためにぜひご覧ください。

プログラムについて

Program

各教室の内容

「あるく(身体活動)」「しゃべる(社会参加)」「たべる(食生活・口腔機能)」をとりいれた、「パソコン・スマホを使った介護予防教室」のプログラム内容をご紹介。
これまでの形での教室等が難しい今だからこそ、おうちでパソコンやスマホを使って、食や読書、運動、木工などを楽しむプログラムに、ぜひ参加してみませんか。
パソコンやスマホの操作に不安がある方は事務局がサポートしますので、ご安心ください。

活動レポート

report