【街歩き・山歩き】大阪府島本町「ウォーキングコース」

大阪府島本町ホームページに掲載されている「ウォーキングコース」。島本町の自然や歴史をゆっくりとお楽しみいただけるウォーキングコースをご紹介します。

▼掲載内容
<楠公・待宵小侍従コース>
島本町の歴史の名所を巡るコースです。史跡桜井駅跡史跡公園は楠木正成(くすのきまさしげ)が嫡子正行(まさつら)を河内へ帰すことにした「桜井の別れ」の舞台となったことが「太平記」には記されています。また、平安末期から鎌倉初期の女流歌人・待宵小侍従は、晩年出家し、桜井に住んだといわれ、墓がこの付近にあったと伝わります。

<西国街道コース>
阪急水無瀬駅から大山崎駅まで(またはJR島本駅から山崎駅まで)、ひと駅分歩いてみませんか?途中、史跡桜井駅跡史跡公園や水無瀬神宮に立ち寄って、歴史街道として有名な西国街道の街並みをお楽しみください。

<街なかの風景を楽しむコース>
豊かな自然のほかにも、とてもきれいな街なかの風景をご覧いただける島本町の街なかを歩くのにおすすめのコースです。天候が良いときに、ぜひ、歩いてみてください。

<水無瀬の滝コース>
水無瀬の滝は、天王山断層によって落ち込んでできた高さ約20メートルの滝で、古くから歌にも詠まれ、後鳥羽上皇も観賞された記録が残っています。涼しげな水無瀬の滝を、ぜひご覧ください。

<淀川渡しコース>
かつては、淀川の対岸(枚方市方面)まで「渡し」の船が運行されていました。このコースは、淀川の堤防を散策するコースで、「渡し」に関わる場所だけでなく、堤防からの町並みなども楽しめますよ。
※注意:現在、「渡し」は運行されておりません。

▼URL
http://www.shimamotocho.jp/gyousei/kakuka/tosisouzoubu/nigiwaisouzouka/kankou/walking_course/index.html