WellTOKK 2018 vol.8 Winter

Well TOKK Wellness講座

カイロでもっと冷え対策

冷え性改善で温かい冬を

気温はそんなに低くないのに、手足や下半身などが冷えてつらいと感じるのが冷え性です。女性は7割近くの人が悩んでいるそうです。多くの冷え性は健康と病気の間の状態とも言われています。「冷えは万病のもと」、病気の前兆の場合もあるので気をつけましょう。

平田結喜緒先生

監修:平田ひらた結喜緒ゆきお先生

(公財) 兵庫県予防医学協会健康ライフプラザ参与。 前先端医療センター病院長。東京医科歯科大学名誉教授。専門分野は内分泌代謝学、高血圧、分子血管生物学。日本内分泌学会評議員・理事、日本心血管内分泌代謝学会評議員・理事、日本心脈管作動物質学会評議員・理事、日本糖尿病学会評議員、日本高血圧学会評議員などを歴任。

冷え性はなぜ女性に多い?

冷え性は、体内でうまく熱が作れないことや、作られた熱を全身に届けられないことによって起こると言われています。
体に必要な熱は、主に筋肉、肝臓、脳、腎臓、心臓などで生み出されています。なかでも筋肉は大きな割合を占めていますが、女性は男性より筋肉量が少ないため、十分な熱が作れず、冷えを感じやすいと考えられています。
また、痩せすぎや過度な食事制限ダイエット、女性に多い鉄欠乏性貧血や低血圧症も冷え性をもたらします。月経や閉経など女性ホルモンの変動も影響を与えています。
血行不良の場合、体内で作られた熱を全身に届けられなくなります。体を締め付けすぎる服や下着はなるべく避けましょう。着圧ソックスは用途に応じて正しく使いましょう。
体内で作られた熱を薄着で逃がしたり、冷たい食べ物や飲み物で体を冷やしたりしている女性も少なくありません。
また、女性に限りませんが、自律神経の乱れも大きく関係しています。過重な仕事や人間関係の悩みなどからストレスや不安が続くと、交感神経がずっと緊張した状態になり、血管を収縮させて血行が悪くなり、冷え性につながります。
  • 過度な食事制限ダイエット

    過度な食事制限ダイエット

  • 冷たい食べ物・飲み物をよく取る

    冷たい食べ物・飲み物をよく取る

    冷え性の原因はさまざま

  • ストレスでいつもため息

    ストレスでいつもため息

たかが冷え性とあなどるのは危険

冷え性は、全身が冷える、手足の末端が冷える、下半身が冷えてのぼせやすいなど、いろいろなタイプがあります。体質や生活習慣が冷え性の原因である場合、下記でご紹介するような方法で改善することも少なくありません。
しかし、中には動脈硬化で血行不良となり、冷え性になっていることもあります。また、寒さが厳しい時や冷水に浸かった時、手の指が白くなり、しびれたり痛みを伴うこともあるレイノー病という血管の病気があります。これは若い女性に多く発症します。さらに、甲状腺ホルモン低下症でも低体温になります。
冷え性が病気の兆候のこともありますので、体の異変を感じた時は、早めに医師に相談しましょう。
  • 全身が冷える

    全身が冷える

  • 下半身が冷える

    下半身が冷える

  • 手足の末端が冷える

    手足の末端が冷える

冷え性のタイプはいろいろあるが、
心配な時は早めに医師に相談を

5つの方法で冷え性改善!

1.栄養バランスを考えた十分な食事

食事は栄養バランスを考えて取ることが大切です。過度な食事制限ダイエットを続けていると栄養不足になり、筋肉量も落ち、冷え性がひどくなります。タンパク質は熱に変化しやすいので冷え性の方はしっかり取りましょう。
キュウリ・レタス・トマトなどの夏野菜やバナナ・パイナップルなどは体を冷やします。体を温めるのは、ニンジン・タマネギ・カボチャなどの野菜、小豆・黒豆・納豆などの豆類、鶏肉や羊肉、サケ・サバ・タラなどの魚、そして味噌・ショウガ・ニンニク・コショウなどの調味料・香辛料です。
温活はじめませんか?
体を温める食材を使用したスープ

健康カフェ「root café」(阪急梅田駅BIGMAN下 阪急三番街南館1階)が、阪急阪神健康づくりモニターを対象に、2016年〜2017年の冬の20日間、ショウガやニラなど体を温める食材を使用したスープを取り、ウオーキングや入浴などの体温アップ行動と併せて冷え性改善にチャレンジしていただく「スープマラソン」を実施したところ、多くの方に平均基礎体温の上昇がみられました。その後、root caféの運営会社インクロムプラスが同様のモニター調査をあらためて実施したところ、平均基礎体温に0.21℃の上昇を確認。この結果を受け、root caféでは体温アップに効果が期待できる冬限定のスープメニューを提供しています。

2.適度な運動

ウオーキングやストレッチなどを毎日20〜30分すると血行がよくなり、筋力が上昇し、自律神経のバランスも整えられます。これは冷え性対策としても有効です。運動は億劫(おっくう)という方は、外でもエレベーターやエスカレーターを使わず階段を利用し、家事をする時も体をよく動かすようにしましょう。
精神的なストレスが冷え性の原因となることもあります。ヨガや太極拳、気功など呼吸法を伴う運動は血行をよくし、リラックス効果もあるので、冷え性の改善につながるでしょう。しかし、運動をして息苦しかったり、胸が締め付けられるような症状があれば、心臓病や動脈硬化の疑いがあるので、あらかじめ医師のチェックを受けておきましょう。

3.ふくらはぎ・太ももマッサージ

下半身には全身の筋肉の約3分の2があり、約70%の血液が集まっています。ふくらはぎは「第2の心臓」と言われ、血液を送るポンプの役割をしています。ふくらはぎが冷えていると、心臓から送られた温かい血液も足先で冷えてしまいます。ふくらはぎから太ももをマッサージして温めると心地よくリラックスし、下半身の冷え性に効果が高く、体全体も温まります。お風呂上がりや寝る前に行うと一層効果が高まります。
3.ふくらはぎ・太ももマッサージ

片足ずつ、足首からふくらはぎ、太ももの方向に、両手でゆっくりもんでいきます。テレビを見ながらでもできますが、リラックスしてやりましょう。
(槙孝子『たちまち体が温まるふくらはぎ健康法』アスコム、2010年などを参照)

4.「頭寒足熱」を見直す

頭を涼しくして足元を温める「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」は伝統的な健康法です。③でもご紹介したように、下半身は全身の血行にとっても重要な役割を果たしています。衣服や膝掛け、靴下などで普段から冷やさないようにしましょう。ただし、寝る時に靴下を履くと、足から出た汗で足がさらに冷えたり、体温調節機能が衰えるのでやめましょう。
衣服は体を締め付けないゆったりしたものを身に着け、寒い時は重ね着をして衣服と衣服の間に空気の層を作るようにすると保温効果が高まります。
寝る時は腹巻(はらまき)がお勧め。お腹には腎臓や肝臓などの重要な臓器や、胃や腸といった消化管があります。これらを冷やすと、内臓の働きも抑えられることになります。

5.湯船にゆったり浸かる

5.湯船にゆったり浸かる

冷え性対策にお風呂は欠かせません。湯船に浸かると体の芯まで温まります。冷え性の方は、全身浴で38~40度のぬるめのお湯に浸かるといいでしょう。血液循環が良くなり、疲れもとれます。身も心もリラックスできるので自律神経のバランスが整い、冷え性には効果抜群です。ただ、あまり気持ちがいいからといって、長時間の入浴は逆効果。20~30分程度にしましょう。

カイロでもっと冷え対策 >

Well TOKK vol.8 2018年1月9日発行時の情報です。

WellTOKK 2018 vol.8 Winter