WellTOKK 2018 vol.8 Winter

カラダぽかぽか鍋料理

鍋料理
鍋料理の魅力

冬の定番料理として人気の鍋。野菜を多く食べることができ、栄養バランスが良く、健康面でも効果が期待できる鍋料理の魅力に触れてみよう。

教えてくれたのは

阪急オアシスの会員情報紙「I’m fine」の企画・制作を担当。紙面では旬の食材を使ったレシピを考案したり、管理栄養士として、栄養や健康に関する情報を発信している。

阪急オアシス 販売促進部 管理栄養士 岡本 久美子さん

鍋料理の種類とは?

鍋料理と言っても種類は様々です。一般的に知られている、つけだれで食べる水炊きしゃぶしゃぶ、お出汁(だし)が鍋のベースになる寄せ鍋や味付けされているキムチ鍋、トマト鍋、甘酒鍋などは、豊富な味のバリエーションを楽しむことができます。また、すきやきおでん蒸し鍋洋風鍋であるポトフも鍋料理の一種です。

鍋料理を食べることのメリットとは?

1. 栄養素をバランス良くとることができる
主菜と副菜、汁が一度にそろう鍋料理。色々な食材が入っているため、野菜やきのこ類でビタミンやミネラル、食物繊維、肉や魚介類、豆腐などの大豆製品で良質なタンパク質、鍋のシメとしてご飯や麺などで炭水化物と、鍋ひとつで体に必要な栄養素をバランス良く手軽にとることができます。
栄養素をバランス良くとることができる栄養素をバランス良くとることができる
2. 野菜をたくさん食べることができる
鍋料理は野菜をたっぷり使うことが多く、煮込むことでかさが減るため、野菜をたくさん食べることができます。また、たくさんの種類の野菜を一度に食べられるというメリットも。生活の中で不足しがちな緑黄色野菜も鍋料理に上手に取り入れ補ってみましょう。
野菜をたくさん食べることができる
3. 脂質のとりすぎ防止
調味料に使う油脂が少なく、煮ることで食材の脂も適度に落ちるので、脂質のとりすぎを防ぐことができます。
4. 食材の組み合わせで得られる効果がある
例えば、肉が多くて脂質をとりすぎてしまう場合は、きのこや卵などビタミンB2が含まれる食材と一緒に食べることで、脂質の代謝を良くし、脂質をエネルギーに変えることができます。
おうちでおいしい鍋料理

鍋のおいしさを高めるための調理のポイント、おすすめの薬味やシメなど、家庭で鍋料理を楽しむコツをご紹介。

調理のコツ

切り方で具材をおいしく

具材の大きさをそろえて切ることがポイントです。大きな食材に関しては、隠し包丁を入れたり、煮崩れを防ぐために面取りをしましょう。

  • ハクサイ

    ハクサイ

    ビタミンCが豊富な葉の部分は大きくざく切りに、うまみ成分が多い芯はそぐように切ります。

  • ダイコン

    ダイコン

    ダイコンの皮にはビタミンCが多く含まれているので、できれば皮をむかずに、いちょう切りにしましょう。

  • ニンジン

    ニンジン

    外側に向かうにつれて栄養価が高くなるので、皮ごと輪切りや斜め切りにするのがおすすめ。

おいしい昆布出汁の取り方

昆布を固く絞ったふきんで軽く拭き、鍋に張った水に1時間ほどつけます。ゆっくり加熱し、沸騰する直前の小さな泡が出はじめたころに取り出します。沸騰してしまうと昆布の粘り成分が抽出され、雑味が出たり風味が損なわれてしまうので注意しましょう。

豆知識

昆布に含まれるうまみ成分であるグルタミン酸は、60℃前後が抽出されやすくなるといわれているため、沸騰させないほうが風味をしっかり出すことができます。

灰汁あくの取り方やタイミング

食材を入れて再沸騰したときに灰汁が出やすくなります。放置して固まったとき、まとめて取りましょう。ほうれん草や山菜など灰汁の強い食材を除けば、肉などを入れた時に出る灰汁自体は害になるようなものではなく、うまみ成分やアミノ酸が含まれるので取りすぎないように気をつけましょう。

組み合わせのコツ

こんな薬味がおすすめ

加熱で失われるビタミン類などの栄養素を補う食材を薬味として使うことがおすすめ。鍋の種類に合わせて使い分けましょう。

青ジソ、
もみじおろし
野菜を加熱するとビタミンCなどの栄養価が下がるので、それらを補う青ジソや唐辛子、ダイコンを使ったもみじおろしがおすすめ。消化を助ける効果もあります。
薬味
ユ ズ
ビタミンCを補います。
とろろ
長芋に含まれるアミラーゼやジアスターゼが消化を助けます。
クレソン
ビタミンCやカロテンが豊富な栄養価の高い野菜。洋風の鍋で牛肉を使うときにおすすめ。
ショウガ
加熱して食べると体を温めます。すりおろすより、千切りにして鍋に入れ、そのまま具材と一緒に食べてもおいしいですよ。

シメまでおいしく

鍋はスープにも栄養が出ているので、スープごと食べられる雑炊やリゾットがおすすめ。カロリーが気になる方は、白滝を使ってみましょう。100gあたりご飯168kcalに対し、白滝なら6kcalなのでかなりカロリーを抑えることができます。白滝を麺の代わりにしたり、白滝を刻んで、白米半分、白滝半分で雑炊にするのも一つの方法です。また、糖質オフの麺を使ってみるのもいいでしょう。

阪急OASIS

阪急オアシスの店頭にて、鍋レシピブック「鍋日和」を配布中。旬の食材を使ったレシピや鍋によく合うお酒をご紹介。ぜひチェックしてみて!
※なくなり次第終了

鍋レシピブック「鍋日和」
鍋料理おすすめスポット

寒いこの時期にぴったりな、心も体も芯から温まるおいしい鍋料理に出合える、阪急・阪神沿線のお店をピックアップ。色々な鍋料理を味わいにでかけよう。

阪神本線

ボリューム満点! ヘルシー豚鍋

ふくみ屋 福島別館

昭和レトロな店内では、肉厚でコラーゲンたっぷりの「もつ鍋」、「つくね鍋」、「ぶた鍋」がスタンバイ。どの鍋にも地鶏のうまみたっぷりのスープに大量の新鮮野菜が入り、1人前でも2人分あるという大満足のボリューム。店主が打つ、登録商標も取得した「ふくみ屋の炭酸水そば」は鍋のシメにおすすめ。

「ぶた鍋」 1人前 1,055円

注目食材:豚 肉
糖質の代謝を促すビタミンB1が豊富。豚肉の脂質は悪玉コレステロールを下げる働きがあるといわれているオレイン酸を含む。
「ぶた鍋」 1人前 1,055円
鹿児島の三味(さんみ)豚を使った同店人気の鍋料理。鶏ガラにオリジナル和風出汁を混ぜたスープは、あっさりしていて、豚のコクとうまみを引き立たせる。キャベツやモヤシなど野菜たっぷりで食べ応えも十分!
17:30~23:00(LO22:30)/火曜休(祝日の場合は営業)
☎06・6455・8088
※阪神福島駅下車 北西へ600m

洋楽が流れる昭和レトロな店内。

▲洋楽が流れる昭和レトロな店内。

鹿児島から直送されている「地鶏さしみ」625円。

▲鹿児島から直送されている「地鶏さしみ」625円。

17:30~23:30(LO22:30)/火曜休(祝日の場合は営業)
☎06・6455・8088
※阪神福島駅下車 北西へ600m

阪急京都線

白味噌のスープにぷりっぷりのモツがたっぷり

もつ鍋 新亀しんかめ

国産和牛のモツと、白味噌、しょうゆ、塩の3種類から選べるスープが自慢のモツ鍋専門店。なかでも白味噌は、京都の西京味噌を使用し、まろやかな口当たりで一番人気なのだそう。モツは余分な部分を丁寧に取り除いた牛の小腸のみを使用し、歯ごたえと味わいは格別。

「もつ鍋」 1人前 1,490円

注目食材:モ ツ
脂質の代謝を促したり、髪や爪などを健康に保つ働きのあるビタミンB2が豊富。
「もつ鍋」 1人前 1,490円
※注文は2人前~。
モツのほかにキャベツ、ニラ、ゴボウがたっぷり入って栄養満点。トッピングには京都ならではの生麩や油揚げもおすすめ。シメはモツの味が染みたチャンポン麺。ラー油をかけて味を変えてみるのも良し。
17:30~23:30 (LO23:00)/無休
☎075・256・5300
※阪急烏丸駅下車 北西へ200m
詳しくはホームページへ≫

ここりっとした食感と噛むほどに口に広がる味わいがやみつきになる「酢もつ」648円。

▲こりっとした食感と噛むほどに口に広がる味わいがやみつきになる「酢もつ」648円。

町屋を改装した落ち着いた雰囲気の店内。

▲町屋を改装した落ち着いた雰囲気の店内。

17:30~23:30 (LO23:00)/無休
☎075・256・5300
※阪急烏丸駅下車 北西へ200m
詳しくはホームページへ≫

もつ鍋 新亀の立ち寄りスポット

阪急京都線

暮らしが楽しくなるとっておきのアイテムを探して

川端滝三郎たきさぶろう商店

「くらすをたのしむ」をテーマに、日本の手仕事で作られたキッチンや食卓まわりの品々を取りそろえる。2フロア展開の店内には、調理用品や食器などが並び、シンプルなデザインで、質が良く機能性も優秀で毎日使いたくなるものばかり。商品には、生産者の紹介文が添えられているので、物づくりの背景に触れられるのもうれしい。

鍋調理にまつわるグッズも豊富

▲(左)木製の「鬼おろしミニ」1,296円や(中央上)伊賀焼きの「伊賀土鍋(大)」7,560円など、鍋調理にまつわるグッズも豊富。

10:00~18:00/第4水曜休(1月は無休)
☎075・708・3173
※阪急河原町駅下車 北西へ300m
詳しくはホームページへ≫

2階にはキッチン雑貨のほかにもミトンやふきん、エプロンなどのファブリックも

▲2階にはキッチン雑貨のほかにもミトンやふきん、エプロンなどのファブリックも。

入口の棚には季節に合わせたおすすめ商品がひと目で分かるように並ぶ

▲入口の棚には季節に合わせたおすすめ商品がひと目で分かるように並ぶ。

10:00~18:00/第4水曜休
☎075・708・3173
※阪急河原町駅下車 北西へ300m
詳しくはホームページへ≫

次ページを見る >

Well TOKK vol.8 2018年1月9日発行時の情報です。

  • ※掲載の施設・店舗の営業時間や定休日、メニュー内容は、予告なく変更される場合がありますので、ご了承ください。
  • ※記載の価格には消費税が含まれています。

WellTOKK 2018 vol.8 Winter