WellTOKK 2017 vol.4 Winter

健康お出かけ特集 体が喜ぶ 発酵食品工場めぐり

納豆納豆

能勢電鉄

ぐりとよ(山口納豆やまぐちなっとう

納豆の新しい楽しみ方を発見しよう

自然豊かな大阪府豊能町の山間にたたずむ納豆工場。国産大豆と水と納豆菌のみで作られる納豆はふっくら軟らかで、臭みも少なく食べやすい。休耕田を利用して大豆の自社栽培にも取り組んでいる。工場では窓から製造の様子が見学でき、土・日曜・祝日は併設の飲食店「ぐりとよキッチン」(11:00〜14:00LO)で納豆や豆腐を使ったユニークな料理も楽しめる。

蒸した小粒の大豆を釜から出して納豆菌を付着させる工程。食感を残しつつ軟らかく蒸し上げるのが、おいしい納豆作りの秘訣だそう。

▲蒸した小粒の大豆を釜から出して納豆菌を付着させる工程。食感を残しつつ軟らかく蒸し上げるのが、おいしい納豆作りの秘訣だそう。

「ぐりとよキッチン」には豆腐や大豆を使ったメニューもあり。

▲「ぐりとよキッチン」には豆腐や大豆を使ったメニューもあり。

一番人気の「しそのり納豆」2個150円。タレは少し甘めの味付けで子どもにも好評。そのほか、ラー油やネギ味噌と、個性的な味付けのものもあり。

▲一番人気の「しそのり納豆」2個150円。タレは少し甘めの味付けで子どもにも好評。そのほか、ラー油やネギ味噌と、個性的な味付けのものもあり。

ドリアの中に納豆がたっぷり入った「なっドうリア(納豆ドリア)」800円。チーズと納豆が相性抜群で、リピーターも多いとか。納豆食べ放題付き!

▲ドリアの中に納豆がたっぷり入った「なっドうリア(納豆ドリア)」800円。チーズと納豆が相性抜群で、リピーターも多いとか。納豆食べ放題付き!

〇工場自由見学

見学無料/9:00~17:00(製造は週6日のみ。事前問い合わせがベター)

9:00~17:00/無休
☎0120・7108・39
※阪急池田駅から阪急バスのりかえ南ノ谷停下車 東へ700m
◎バスは本数が少ないのでご注意ください。
詳しくはホームページ(http://green-toyono.main.jp/)へ

味噌味噌

阪神本線

六甲味噌製造所ろっこうみそせいぞうしょ六甲ろっこうみそ)

天然醸造の味噌で毎日の食卓から健康的に

大正7(1918)年の創業以来、天然醸造にこだわり伝統の味を守り続けている。工場では通年、自社製品を販売。冬は社長が講師となり、西宮市内などの会場で味噌づくり教室(有料、要事前申込)を開催。工場と同じ国産の材料を使って出来上がり5キロ分を仕込み、樽(たる)ごと持ち帰ることができる。4月下旬からはお土産付きの工場見学(無料、要事前申込)が実施されるので、こちらもお楽しみに。

兵庫県産の素材を使った「芦屋そだち白味噌」692円など約30種類を製造。工場で購入できる。

▲兵庫県産の素材を使った「芦屋そだち白味噌」692円など約30種類を製造。工場で購入できる。

「味噌づくり一日教室」では、おいしい食べ方や塩分が気になる場合の調理方法も丁寧にレクチャーしてもらえるのがうれしい。

▲「味噌づくり一日教室」では、おいしい食べ方や塩分が気になる場合の調理方法も丁寧にレクチャーしてもらえるのがうれしい。

六甲味噌製造所 外観

◆「味噌づくり一日教室」
1~4月上旬の水・木・土曜(開催日、実施時間は各会場により異なる)

詳しくはホームページ(http://www.rokkomiso.co.jp/class/)へ
※六甲味噌製造所の工場での開催はなし。

◎工場見学(4月下旬から実施)について詳しくはホームページ
http://www.rokkomiso.co.jp/company/visit.html)へ

9:00~17:00/日曜・祝日休、不定休あり
3月11日は休)
☎0797・32・6111
※阪神打出駅下車 北へ500m

漬物漬物

阪急京都線

土井志どいし漬本舗づけほんぽ 大原総本店・熟成館おおはらそうほんてん・じゅくせいかん

京都・大原の自然が育んだ冬の保存食

野菜の旬を大切にした自然志向の京漬物を作る、明治34(1901)年創業の老舗(しにせ)漬物店。看板商品のしば漬けは、新鮮なナスに自社栽培したちりめん赤紫蘇(しそ)と塩だけを加え、乳酸発酵させたもの。敷地内の熟成館で夏に漬け込みが行われ、冬は樽から漬物を取り出す作業(見学は要事前申込)を、大原総本店では袋詰めの工程を見ることができる。

しば漬けを樽から取り出す際は、職人が落としぶたの上に乗り、バランスが崩れないように調整しながら合計1トンもの漬物石を一つ一つ運び出す。

▲しば漬けを樽から取り出す際は、職人が落としぶたの上に乗り、バランスが崩れないように調整しながら合計1トンもの漬物石を一つ一つ運び出す。

熟成館の中にはピラミッド型に漬物石が積まれた巨大な木樽がずらり。

▲熟成館の中にはピラミッド型に漬物石が積まれた巨大な木樽がずらり。

大原総本店の店内。昔ながらの手法で漬け込まれた「土井の生志ば漬」594円をはじめ、京都の伝統的な漬物“すぐき”や千枚漬などが勢ぞろい。

▲大原総本店の店内。昔ながらの手法で漬け込まれた「土井の生志ば漬」594円をはじめ、京都の伝統的な漬物“すぐき”や千枚漬などが勢ぞろい。

買い物の後は、大原総本店内にある「竈(かまど)炊き立てごはん圡井」(10:00~17:00〈LO16:00〉、水曜休、祝日と繁忙期は営業)へ。漬物をおかわり自由の炊き立てご飯と一緒にいただこう。

▲買い物の後は、大原総本店内にある「竈(かまど)炊き立てごはん土`井」(10:00~17:00〈LO16:00〉、水曜休、祝日と繁忙期は営業)へ。漬物をおかわり自由の炊き立てご飯と一緒にいただこう。

〇工場自由見学(大原総本店)

見学無料/9:00~17:00(土・日曜・祝日は~18:00。季節によって変動あり)

◆「ご案内付き工場見学(熟成館)」

月・火・木〜土曜(変動あり)9:00~11:00、13:00~15:00
無料/定員70名(3日前までに下記電話またはFAX075・744・2317にて要事前申込)

【大原総本店】
9:00~17:00(土・日曜・祝日は~18:00。季節によって変動あり)/無休
☎075・744・2311
※阪急河原町駅から京都バスのりかえ花尻橋停下車すぐ
詳しくはホームページ(http://www.doishibazuke.co.jp)へ

土井志ば漬本舗 大原総本店・熟成館の立ち寄りスポット

大原おおはらリバーサイドカフェ来隣きりん

大原の自然に育まれたお米と野菜を味わう

大原で収穫されたばかりの有機野菜を中心に使い、野菜ソムリエの店主が腕をふるう。
おすすめは「大原里の恵み おにぎりランチ ビュッフェ付き」1,500円。清らかな地下水でふっくらたき上げたおにぎりと一緒に、バリエーション豊富な旬の野菜料理をビュッフェ形式でいただける。

おにぎりは日替わりの8種類から5個を選んで。

▲おにぎりは日替わりの8種類から5個を選んで。

ビュッフェ台には毎日10種類以上の料理が。

▲ビュッフェ台には毎日10種類以上の料理が。

古民家を改装した居心地の良い店内。

▲古民家を改装した居心地の良い店内。

11:30~16:30(16:00LO)/火曜休(祝日の場合は営業、翌日休。不定休あり)
☎075・744・2239
※阪急河原町駅から京都バスのりかえ大原停下車
西へ200m
詳しくはホームページ(https://www.ohara-kirin.com/)へ

Healthy Column

人の健康を左右する「腸内フローラ」

私たちの腸の中には、500~1,000種類の細菌が常に100兆個以上住みついています。細菌は、体に良い働きをする善玉菌、悪い働きをする悪玉菌、どちらにも属さず体調が崩れた時に悪玉菌として働く日和見(ひよりみ)菌に分類され、健康な人は悪玉菌より善玉菌の方が多いと考えられています。腸内細菌が集まっている状態を「腸内フローラ」と言い、最近の研究で腸内フローラがお通じだけでなく、免疫や代謝などに影響を及ぼすことが分かってきました。
上記の研究成果を踏まえて、潰瘍性大腸炎の患者に健康な人の便から腸内細菌を移植する治療法が始められ、肥満や糖尿病の治療にも応用が検討されています。
また腸内細菌は、人の消化できない食物繊維を分解して短鎖脂肪酸※を産み出し、エネルギー源として供給していることや代謝調節にも貢献していることが明らかになってきています。発酵食品を上手に利用し、腸内環境を整えて、健康維持に努めましょう。
※脂質の構成成分である脂肪酸は、分子量により短鎖脂肪酸(酢酸〈お酢〉など)・中鎖脂肪酸・長鎖脂肪酸に分類されます。

監修:中尾一和先生
(京都大学メディカルイノベーションセンター 特任教授)

< 前ページを見る

沿線TOPICS
「きちんと食べていますか?朝食のススメ」を見る >

Well TOKK vol.4 2017年1月10日発行時の情報です。

※掲載の施設・店舗の営業時間や定休日、イベント情報などは、予告なく変更される場合がありますので、ご了承ください。※記載の価格には消費税が含まれています。

本特集ページ内の消費カロリーは体重60kg(歩幅70cm)の人が、分速67m(時速4km)で平地を移動した場合の距離、歩数を基準として算出しています。
[計算式]
消費カロリー(kcal)=メッツ値×体重(kg)×運動時間(時)×1.05 歩数=距離(m)÷歩幅(0.7m)

  • ※距離はgoogle map平地ルートでの計算。
  • ※メッツ値は運動によるエネルギー消費量が、安静時の何倍にあたるかを示す値。厚生労働省「健康づくりのための身体活動基準2013」を参照。

WellTOKK 2017 vol.4 Winter