【神戸市看護大学】まちの保健室「もの忘れ看護相談」

健康講座

2018年07月04日

「まちの保健室」は、学校にある保健室のように「いつでも、誰でもが気軽に立ち寄って心や体の相談ができる」というキャッチフレーズで、全国各地の看護協会が様々な機関と提携して行っている事業です。

神戸市看護大学では、兵庫県看護協会と提携し「神戸市看護大学 まちの保健室」が実施されています。その事業の1つ『もの忘れ看護相談』では、もの忘れや認知症で不安やお困りのことがある方を対象に、専門の看護教員が相談に応じてくれます。

 

monowasure-20180704_400

 

▼日時
2018年7月4日(水)
14:00~16:00

▼会場
神戸市看護大学 大学ホール内会議室

▼内容
○ミニ講義 14:00~14:30
『身近にできる認知症への対策』

終了後、個別相談(予約優先)を実施。
※個別相談時間は約30分を予定。
※定員がありますので、個別相談に応じられない場合がございます。

▼料金
参加費無料

▼アクセス
阪急・阪神 神戸三宮駅から神戸市営地下鉄 西神・山手線に乗り換え、「学園都市駅」下車、徒歩約10分

※事前予約方法は、WEBページにてご確認ください。

 

%e8%a9%b3%e3%81%97%e3%81%8f%e3%81%af%e3%81%93%e3%81%a1%e3%82%89

 

 

健康講座の開催場所を地図でチェック

関連記事