WellTOKK 2018 vol.10 Summer

こころを癒やす名水を求めて
見て・触れる名水
  • 阪急京都線
サントリー山崎蒸溜所

日本のウイスキーづくりを支える良質な水

良質な水と自然環境にこだわり、大正12(1923)年に日本初のモルトウイスキー蒸溜所が建設着手された。山崎周辺は古くから名水地として知られ、現在もこの名水から多くの銘酒が生み出される。「山崎蒸溜所ツアー」(1,000円、要予約)に参加すると、製造工程の見学やテイスティングにより、ウイスキーの奥深さをさらに堪能できる。

天王山のふもとの湿度が高い環境は、ウイスキーの熟成にとって最適。

▲天王山のふもとの湿度が高い環境は、ウイスキーの熟成にとって最適。

ツアーでは、シングルモルトウイスキー「山崎」の構成原酒を試飲できる。

▲ツアーでは、シングルモルトウイスキー「山崎」の構成原酒を試飲できる。

【山崎ウイスキー館】入館無料※ /10:00~16:45(テイスティングカウンターは~16:30LO。入館は~16:30)/不定休 *「山崎ウイスキー館見学」は、前日までに要予約。製造工程の見学はなし。
☎075・962・1423(予約受付)
*阪急大山崎駅下車 西へ800m
詳しくはホームページへ ≫
  • 阪急京都線
晴明せいめい神社

陰陽師(おんみょうじ)が湧出させたという神秘的な水

平安時代に活躍した陰陽師・安倍晴明公を祀るパワースポットとしても人気の神社。境内には、晴明公が念力によって湧出させたと言われている井戸「晴明井」がある。その霊水には病気平癒のご利益があるとされ、毎年立春の日に井戸が恵方の向きに変えられている。口にすれば神秘的なエネルギーを分けてもらえるかも。

五芒星(ごぼうせい)をかたどった井戸。(写真提供:晴明神社)

▲五芒星(ごぼうせい)をかたどった井戸。(写真提供:晴明神社)

晴明公が祀られている本殿。フィギュアスケートの羽生結弦選手が「SEIMEI」を演じたことで、ファンが多く参拝することでも知られる。(写真提供:晴明神社)

▲晴明公が祀られている本殿。フィギュアスケートの羽生結弦選手が「SEIMEI」を演じたことで、ファンが多く参拝することでも知られる。(写真提供:晴明神社)

ク昔の風情をそのままに一條戻橋を境内に再現。(写真提供:晴明神社)

▲昔の風情をそのままに一條戻橋を境内に再現。(写真提供:晴明神社)

拝観無料/9:00~18:00/無休
☎075・441・6460(社務所)
※阪急烏丸駅から市バスのりかえ一条戻橋・晴明神社前停下車すぐ
詳しくはホームページへ ≫
  • 阪急京都線
善峯よしみね

仏様の水として使われていた清浄な井戸

古くから西山三山の一つとして親しまれている寺。本堂そばには、仏前に供える水を汲むための井戸として使われているお香水「閼伽井(あかい)」がある。また、同寺は桜や紅葉をはじめ一年を通して季節の花を楽しめる。広大な境内をゆっくりと散策してみては。

仏前に供する水を汲む、清浄な井戸。

▲仏前に供する水を汲む、清浄な井戸。

元禄5(1692)年に建立された入母屋造(いりもやづくり)の本堂。

▲元禄5(1692)年に建立された入母屋造(いりもやづくり)の本堂。

樹齢600年以上、全長37m、国の天然記念物に指定されている遊龍の松。

▲樹齢600年以上、全長37m、国の天然記念物に指定されている遊龍の松。

大人500円、高校生300円、小中生200円/8:00~17:00(受付は~16:45)/無休
☎075・331・0020
※阪急東向日駅から阪急バスのりかえ善峯寺停下車 西へ300m
◎バスは本数が少ないのでご注意ください。
詳しくはホームページへ ≫
  • 阪急神戸線
鷲林寺じゅうりんじ

人々の喉と心を潤す水

六甲山地の麓にある、弘法大師の開基と伝えられる真言宗の寺。境内に湧き出す「観音水」は、大師が火を吹く大鷲を桜の木に封じ込める際に使用した清水だと伝えられている。阪神・淡路大震災のときには、地元住民の飲み水となった。喉の病に効くと言われており、今では、参拝者や登山客の間でおいしいと評判になり、人気が広がっている。

火を吹いたといわれる大鷲。

▲火を吹いたといわれる大鷲。

本尊十一面観音を祀る本堂。

▲本尊十一面観音を祀る本堂。

鷲林寺

8:00~17:00/無休
☎0798・71・8203
※阪急夙川駅から阪急バスのりかえ鷲林寺停下車 東へ800m
詳しくはホームページへ ≫

西宮の名水「宮水みやみず」とは?

ミネラル豊富で酒造りに最適

西宮神社(西宮市社家町)の南東500メートルの限られた地域で汲み上げられる地下水。「西宮の水」が略されて「宮水」と呼ばれるようになった。リンやカリウムが多く、鉄分を含まない酒造に適した硬水で、名水百選にも選ばれている。

ミネラル豊富で酒造りに最適

灘の名酒を支える水

天保11(1840)年、櫻正宗の6代目・山邑太左衛門が、酒造用水として最適であることを発見。この水で仕込めば酵母の発酵が促され、キレのあるしっかりとした味わいの酒ができるという。おいしい酒の評判を伝え聞いた各地の酒造家が、競って宮水を使うようになった。

灘の名酒を支える水

灘の名酒を支える水

天保11(1840)年、櫻正宗の6代目・山邑太左衛門が、酒造用水として最適であることを発見。この水で仕込めば酵母の発酵が促され、キレのあるしっかりとした味わいの酒ができるという。おいしい酒の評判を伝え聞いた各地の酒造家が、競って宮水を使うようになった。

  • 阪神本線
御菓子司おんかしつかさ 虎屋吉末とらやよしすえ

竹皮の香りに包まれた伝承菓子を堪能

享和元(1801)年創業の和菓子店。宮水の名称で有名な六甲山の伏流水で炊いた自家製餡(あん)を国産の天然竹皮で蒸した天津知羊羹(でっちようかん)は、上品な甘さでモッチリとした食感。同店の和菓子は添加物を一切使わず、店主が産地に出向いて厳選した素材で作るのが特長。

天津知羊羹は冷やして食べるのがおすすめ。

▲天津知羊羹は冷やして食べるのがおすすめ。

和三盆を使った干菓子や材料にこだわった菓子が並ぶ。

▲和三盆を使った干菓子や材料にこだわった菓子が並ぶ。

木の看板が歴史を感じさせる。

▲木の看板が歴史を感じさせる。

9:00~18:00/日曜休(8月20〜23日は休)
☎078・851・2444
※阪神御影駅下車 南東へ400m
詳しくはホームページへ ≫
  • 阪急神戸線
神戸にしむら珈琲店 御影店

淹れたてのコーヒーでほっと一息

閑静な住宅街にある珈琲店。毎朝、酒造会社の井戸より汲み上げて運ばれる宮水を使ったコーヒーがいただける。鮮度を大切にしているため、時間が経ったものは提供しないというこだわり。熟練の技でも同じ味を出すのが難しいという、布製のネルドリップで淹れたコーヒーは、深みが増した味わいに。

個別に焙煎し、6種類の豆の持ち味を引き出した「ブレンドコーヒー」550円。

▲個別に焙煎し、6種類の豆の持ち味を引き出した「ブレンドコーヒー」550円。

落ち着いた雰囲気の店内には、同店オリジナルのカップやコーヒー豆などが並ぶ

▲落ち着いた雰囲気の店内には、同店オリジナルのカップやコーヒー豆などが並ぶ。

8:00~22:30(LO22:00)/無休
☎078・854・2105
※阪急御影駅下車 南へ300m
詳しくはホームページへ ≫

< 前ページを見る

きらり沿線life「カラダにうれしい お酢パワー」を見る >

Well TOKK vol.10 2018年7月3日発行時の情報です。

※掲載の施設の営業時間や定休日、イベント情報などは、予告なく変更される場合がありますので、ご了承ください。

※記載の価格には消費税が含まれています。

WellTOKK 2018 vol.10 Summer